[2018年09月18日]

もくせいの夜はうつくしきもの睡る

富沢赤黄男(1902~62)

もくせい(木犀)が秋の季語。金木犀、銀木犀、薄黄木犀も同意の季語です。
この花の盛りにはあたり一面に芳香を振りまくことで知られていますね。もくせい科の常緑小高木。中国が原産で江戸時代に渡来しましたが、雄木だけで雌木がないので結実しません。金色の花が金木犀、白い色の花が銀木犀、薄黄色の花が薄黄木犀で原種。秋も深まると葉の脇に細かい花をたくさんつけて香りを周囲に振りまきますね。
この花の周囲は物みな美しく睡り、芳香があたり一面に振りまかれている、と詠っています。
作者とみざわ・かきおの紹介は、2007年9月16日を参照。
(出典:「合本 俳句歳時記第三版」角川書店、2003年刊)
・トランプ政権が中国に対して24日から第3次の制裁措置を実施すると発表。あの政権はどこまで馬鹿なのでしょうか。関税の引き上げは米国、中国にとっても自らの消費者や企業に打撃を及ぼし世界経済にブレーキを掛けますね。それによって日本経済は大きな影響を受けます。日本政府の対応が懸念されます。

投稿者 m-staff : 2018年09月18日 09:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6556