[2018年09月22日]

入日の家金柑甘く煮られゐつ

村越化石(1922~2014)

金柑(きんかん)が秋の季語。
金柑がたわわに実る季節になりましたね。ミカン科の常緑低木。中国から渡来して、暖地の果樹として各地で植えられています。果実は2~3センチ、赤橙色で美しく見え、そのまま食べることもありますが、砂糖漬けや塩漬けに利用します。小ぶりの枝にたくさん成るので盆栽や庭木としても植えられています。
この句では、入日の当たっている家で、甘く砂糖漬けをしている温かい家庭風景が浮かんできますね。作者の置かれている境遇からは想像の向こうの家庭でしょうね。
作者むらこし・かせきの紹介は、2005年3月5日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・今日から3連休の人も多いと思います。交通事故には本当に気を付けましょう。青森では大きな事故が国道101号線で発生しました。

投稿者 m-staff : 2018年09月22日 10:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6561