[2018年09月23日]

梨腹も牡丹餅腹も彼岸かな

正岡子規(1867~1902)

彼岸(秋彼岸)が秋の季語。
今日は、秋分の日。彼岸中日、社日。
秋分(9月23日)の前後1週間。春分の前後7日間に対しているもので、春の彼岸と同様に、法要や墓参が行われ、先祖を祭る期間ですね。俳句では単に彼岸と言えば春の彼岸のことで、秋彼岸は、秋彼岸、後の彼岸と呼ばれています。
この句は、面白い感覚の句ですね。梨をたくさん食べて梨腹、牡丹餅を一杯食べて牡丹餅腹(ぼたもちばら)、それで秋の彼岸を迎えたと詠っています。大食家らしい子規の面目躍如といったところでしょうか。
作者まさおか・しき紹介は、2005年1月20日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・今日は橋本の蓮乗院へ墓参り。8月に行かなかったので草も生えていることでしょう、草取りをして除草剤のクサノンを播いてきます。

投稿者 m-staff : 2018年09月23日 08:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6562