[2018年11月07日]

鳥の名のわが名がわびし冬侘し

三橋鷹女(1899~1972)

冬侘(わび)しが冬の季語。冬、三冬、九冬、玄冬、玄帝、冬帝、冬将軍なども同意の季語です。
今日は、立冬。暦の上で冬に入りましたね。この日から冬に入るわけですが、日本の大半の地域ではまだ晩秋の気象です。冬は、立冬から立春の前日までを言います。太陽暦ではだいたい、11月、12月、1月に当たりますね。気象上からは12月、1月、2月ということになります。三冬は、初冬、仲冬、晩冬のこと。九冬とは、冬九旬、すなわち冬の90日を指します。
この句では、作者の俳名の「鷹」に因んで、名前は勇ましくても冬になれば、心身ともに「侘しい」と喝破しています。
作者みつはし・たかじょの紹介は、2005年2月26日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・アメリカの中間選挙をワクワクしながらテレビを見ています。大勢は、上院が午前中、下院は午後になる予定です。トランプの白人側とオバマの非白人側との戦い。日本は、国会で参院予算委員会、無様な大臣がおろおろしながら答弁しています。

投稿者 m-staff : 2018年11月07日 09:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6620