[2018年11月10日]

鳥たちに木の実の豪華冬はじまる

八幡城太郎(1912~85)

冬はじまるが冬の季語。初冬、初冬、孟冬、上冬なども同意の季語です。
初冬、仲冬、晩冬と分けた初めの冬のことを言います。陰暦10月の異名。陽暦では11月のことで周りの自然は、まだ十分に秋の名残をとどめていますね。野山の枯れ色が目立ち始めて、北国からは雪の便りが聞こえてきます。収穫が済んで、冬がなだれ込んでくるような季節です。
この句のように、冬の始まる時期は、鳥たちにとっては木の実がふんだんにある美味しい季節でもあります。「豪華」とは言い得て妙の表現です。
作者やはた・じょうたろう紹介は、2007年12月14日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・日米野球、日本対MLB選抜チームの第1戦は、日本が7対6で逆転サヨナラ勝ちしました。相手は、1軍半、日本は1軍。柳田のホームランで勝ちましたが、マッテングリィ監督は、柳田を敬遠しなかったのが敗因、その前の打席は敬遠していました。さて、第2戦も楽しみですね。

投稿者 m-staff : 2018年11月10日 10:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6624