[2018年11月12日]

夕照にひらつく磯の枯れ葉かな

向井去来(1651~1704)

枯れ葉が冬の季語。朽葉(くちば)も同意の季語です。
落葉樹は、冬になると葉を落として休みに入ります。散った枯れ葉は、その下に草の芽や越冬をする虫やそのほかの生物を覆い隠して、木の根を守り、静かに春を待ちます。また、中には得田に着いたままの枯れ葉も見られますね。雨や雪で腐った葉を「朽葉」と呼んでいます。
この句では、夕方の陽に照らされて、海岸べりの磯の樹木の枯れ葉がひらひらと風に揺れていると詠っています。これはまだ落葉になっていませんね。
作者むかい・きょらいの紹介は、2005年8月11日を参照。
(出典:辻 桃子著「俳句の草木」、創元社、2003年刊)
・テニスのツアーファイナルがロンドンで始り、世界ランキング9位の錦織選手が同3位のスイスのロジャー・フェデラーにストレート勝ちしました。素晴らしい。野球は、MLB選抜が日本に勝ち、対戦成績を日本の2勝1敗になりました。いずれにしても面白い試合を見せてください。

投稿者 m-staff : 2018年11月12日 09:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6626