[2018年12月19日]

飛騨に向ふ軒みな深し冬がまへ

室生犀星(1889~1962)

冬がまへ(構え)が冬の季語。冬囲も同意の季語です。
冬を迎えるにあたって、家の内外を問わずに、防寒、防雪、防風のための設備を整えたり、手入れをすること一切を言います。雪国では、北窓に板張りをして防ぎ、家屋に風よけや雁木を施し、目張りなどします。ことに古い日本家屋では、高温多湿の夏季を主としているために、毎年この冬構えをしなければなりませんね。
この句の飛騨は、飛騨山脈のこと。北アルプスは俗称。日本の屋根と言われる山々も雪をかぶっています。これから厳しい季節がやってきます。深い軒を持った家々は、どっしりとして、冬のやってくるのを待ち構えているようだと詠っています。
作者むろう・さいせいの紹介は、2005年6月20日を参照。
(出典:草間時彦「秀句鑑賞十二か月」(朝日新聞出版、2000年刊)
・携帯事業を手掛けるソフトバンクは、東証1部に株式上場、初音は1463円で売り出し価格の1500円を下回りました。それでも市場から調達したのは2兆6000億円。孫さんの顔は苦笑いでしょう。

投稿者 m-staff : 2018年12月19日 09:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6670