[2019年01月19日]

自画像のその前にあり寒卵

加藤三七子(1925~2005)

寒卵が冬の季語。寒玉子も同意の季語です。
寒中の鶏卵を言います。鶏卵は、牛乳とともに理想的な栄養食品。寒中にはほかのときよりも特に栄養に富んでいて、また産卵期にもなっていて値段は安く売られていますね。その上、寒卵の場合は特に生のまま飲んで栄養を吸収しようとします。寒の卵ということで栄養価の高い卵とされています。
この句では、その寒卵がただぽんと自画像の前におかれているというだけで様々なことが考えられ、想像力をかきたてます。これは清貧でしょうか。貧しくても、気持ちだけは高いということが伝わってきます。
今日から明日は、大学入試センター試験。
作者かとう・みなこの紹介は、2005年4月12日を参照。
(出典:「新版・俳句歳時記(第二版)」、雄山閣、2003年刊)
・トランプの元弁護士が、偽証は大統領の指示によると発言。こんがらがった糸を元に戻すのは大変ですね。早く大統領を弾劾してくださいよ。

投稿者 m-staff : 2019年01月19日 09:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6702