[2019年02月17日]

春昼や魔法の利かぬ魔法壜

安住 敦(1907~88)

春昼が春の季語。春の昼、春の昼間、春真昼も同意の季語です。
この季語は、のんびりとしたのどかな眠気を誘うような春の昼のこと。
この句の、「魔法壜」という言葉はこのごろあんまり聞かれなくなりましたね。名前ほどに不思議な働きがしなくなったからでしょうか。ですから「魔法の利(き)かぬ魔法壜」を誰も納得したからかもしれません。
作者がこの言葉に思いを寄せたのは、春昼の気分が、冬に比べて充実したものに感じられて、より偉大な魔法をそこに見出したからでしょうか。冬ならば少し冷めても湯のありがたさが有難かったでしょうが、春昼となっては。魔法壜の効用も無効になったということかもしれません。
作者あずみ・あつしの紹介は、2005年2月28日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・45歳のイチロー選手が19年目のキャンプに入りました。去年は15試合でヒット9本打率2割5厘。今年は3月20日から東京で行われる開幕2連戦で出場予定です。今後の調整が順調であるよう願っています。

投稿者 m-staff : 2019年02月17日 09:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6737