[2019年03月18日]

人ごみに蝶の生るる彼岸かな

永田耕衣(1900~98)

彼岸が春の季語。お彼岸、入彼岸、彼岸過ぎなどが同意の季語です。
今日は、彼岸の入り。彼岸は、春分の日を中日(ちゅうじつ)として、その前後3日ずつ、計7日間を言い、法事や法要が行われます。彼岸は仏教用語の悟りの世界の意味で、迷いの世界を示す此岸(しがん)の反対語。彼岸の第1日目を「入彼岸」、最終日を「彼岸ばら」と呼んでいます。俳句では、ただ「彼岸」と言えば春のことで、秋の彼岸は「秋彼岸」と言い分けています。
この句では、彼岸になると、にわかに人込みで蝶が生まれてくるように見えると詠っています。寒さが一段落して人込みが懐かしくなるからですね。
作者ながた・こういの紹介は、2005年2月25日を参照。
(出典:飯田龍太他著「集成・昭和の俳句」小学館、1995年刊)
・マリナーズと巨人の試合は6対4でマリナーズ、アスレチックスと日本ハムは5対1でアスレチックス。イチローは3の0、まだ試合勘が戻っていませんね。日本ハムの金子選手が好投、9三振を奪いました。今日も2試合行われます。

投稿者 m-staff : 2019年03月18日 09:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6769