[2019年04月25日]

一つだけ突いて紙風船渡す

後藤比奈夫

紙風船が春の季語。風船、風船玉、ゴム風船、風船売なども同意の季語です。
紙風船は、明治の半ばごろから出回り始めたと言います。素材は、蝋紙などを貼り合わせて作られ、色は赤、青、黄色などを五色に染めていました。子ども相手には春祭りの神社の境内や街角に「風船売り」がやってきました。紙風船は、軽くてかさばらないので、富山の薬売りが薬を置いている家の子どもへのお土産としました。私の田舎の北海道でも見かけましたね。今ではゴム風船が主流で、いろいろな形をしたものがあります。
この句では、ポンと一つ突いて、女の子にでも渡したのでしょうか。光景が浮かんできます。
作者ごとう・ひなおの紹介は、2005年3月23日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・今日は、尼崎市でJR福知山線の電車が脱線し、107人が死亡した事故から14年目に当たります。今年は追悼の場が整備された事故現場ではじめての慰霊祭が行われます。安全最優先を問われるJR西日本。事故の記憶や教訓をしっかりと引き継いで行くことが亡くなった皆様への供養になります。

投稿者 m-staff : 2019年04月25日 09:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6813