[2019年05月14日]

磨かれし馬匂ふなり夏木立

福田甲子雄(1927~2005)

夏木立が夏の季語。夏木、夏木陰も同意の季語です。
木立は、木の群がって生い立ったものを言います。夏になって、青葉や若葉を茂らせて、盛んな木立の様子が浮かんできますね。「夏木」は、一本の木に言います。木立は、「夏木立」「冬木立」「枯木立」とだけ言い、春や秋には言いません。
この句では、農耕馬を水できれいに磨いている風景と夏木立の取り合わせが見事にマッチしています。汗にまみれた馬が嬉しそうになっている光景が浮かんできますね。
作者ふくだ・きねおの紹介は、2006年2月5日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・なんとエンジェルスの大谷選手がツインズ相手に、3回の表に逆転2ランホームランを打ちました。話変わって、週明けのニューヨーク市場は600ドル以上の大幅値下がり、東京市場は400円を超える値下がり。経済界からトランプのやり方にノーを言っています。

投稿者 m-staff : 2019年05月14日 09:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6834