[2019年05月15日]

夏めいてくる鏡台のあたりより

黛 執

夏めいてくるが夏の季語。夏兆すも同意の季語です。
かの「徒然草」に「をりふしの移り変はるこそ、ものごとにあはれなれ」とあります。私たちは季節の移り替わる時期に、その時々を慈しんできました。夏の初めの時候を表す季語には、初夏、立夏、夏浅し、薄暑などがあります。しかしながら、夏になった心の驚きを表す言葉は「夏めく」が最適でしょうね。実際には、夏は来たのですが、「夏めく」と柔らく表現するところが日本人らしいと見ました。
この句では、そのような気持ちを「鏡台」のあたりの化粧品の変化に気づいて作者は表現しています。良い視点ですね。
今日は、沖縄本土復帰記念日。1972(昭和42)年5月15日沖縄の本土復帰がなされ、沖縄県発足。
今日は、京都葵祭。
作者まゆずみ・しゅうの紹介は、2006年3月22日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・中東のサウジアラビアとイランの対立が厳しくなりました。サウジの原油パイプラインに、イランの支援を受けるイエメンの反政府勢力が無人機による攻撃をした、と発表しました。原油の価格が心配になりますね。

投稿者 m-staff : 2019年05月15日 09:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6835