[2019年05月21日]

風搏つてわが血騒がす椎若葉

福永耕二(1938~80)

椎若葉が夏の季語。椎茂る、青椎も同意の季語です。
ブナ科の常緑高木のスダジイとツブラジイは里山や屋敷林に多く、高さは25メートル以上で暖地によく見られます。細くて滑らかな緑の若葉がきらきらと、初夏の日差しに揺れているのは、いかにもすがすがしい光景です。多くは社寺の境内に植えられています。巨木になると、人を圧倒するほどの迫力があります。また、椎はしいたけの原木として利用されています。
この句では、風が椎若葉を搏(う)って、まるで自らの血を騒がしているように感じる、と詠っています。
作者ふくなが・こうじの紹介は、2006年4月9日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・東海・関東甲信越地方は、大雨と強風の荒れた天気です。ところでトランプ政権が中国からのほぼすべての輸入品の関税を引き上げることに対して、ナイキやアディダスなどスニーカーに関連する全米の170の企業が、関税引き上げに抗議する書簡を送ったとのこと。もう貿易戦争は止めてほしいとの切実な声が

投稿者 m-staff : 2019年05月21日 09:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6841