[2019年06月16日]

父の日やどこかでひとの呼んでをり

角川春樹

父の日が夏の季語。
日本では、6月の第3日曜日が父の日。国によってはこの日以外のところもありますが、大半はこの日を父親に関する日としていますね。もともとは、1940年にアメリカのドッド夫人が行動を起こしたことから始まり、1972年に国民の祝日となりました。日本では母の日に比べてあまり定着していないようです。しかしながら、我が家ではついでに感謝されています。父親は孤独な奉仕者でいいのです。
作者にとって父の日は、どこかで自分の名前を、父親が呼んでいるような気持になる、と詠っています。作者の父親は、角川書店の創業者、角川源義であり、俳句でも先達者ですね。
作者かどかわ・はるきの紹介は、2005年6月18日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・今朝は、梅雨時には珍しく、8合目以上に雪をかぶった富士山が見えます。香港は、逃亡犯罪条例の改正見送りになりました。
しかし、当局の対応に不満がくすぶっています。サッカーのU22日本は、ブラジルに惜敗、選手はよくやりましたね。

投稿者 m-staff : 2019年06月16日 09:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6873