[2019年07月21日]

水音の萍ひとつ離れをり

山上樹実雄(1931~2014)

萍(うきくさ)が夏の季語。萍の花、浮草、根無し草なども同意の季語です。
ウキクサ科の多年草。浮いている草というところから萍の名前がありますが、根はあります。ただし、水底にはついていません、水面に浮いた葉状体という部分の長さが小さく、3~5個つながっています。夏になると小さな白花をつけますが、水面を漂っているため、なかなか目にする機会がありませんね。
この句では、水音がする流れの中で、一つだけ浮草が離れていると詠っています。人間の集団の中で、一つだけ群れから離れて流されてゆく萍を連想します。
作者やまがみ・きみお紹介は、2005年4月16日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・今日は参院選の投票日。選挙は何があっても必ず行くようにしています。今の政治に対して不満だらけですが、それが国民としての義務と思い、明日を信じて、権利を行使します。

投稿者 m-staff : 2019年07月21日 09:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6913