[2019年07月27日]

うすまりし醤油すずしく冷奴

日野草城(1901~56)

冷奴が夏の季語。冷豆腐、水豆腐、奴豆腐なども同意の季語です。
我が家では1年中、豆腐が食卓にのぼっています。冷奴は、水や氷水で冷やした豆腐をさいの目に切って、醤油をかけて食べます。薬味には、卸しょうが、紫蘇、葱、削り鰹、七味唐辛子などを使います。その淡白な味わいは、食卓に呼ぶ涼しさとしては手軽で、いかにも庶民的な料理法なので親しまれています。冷奴の「奴」は、昔の武家の下僕のことで、紋が四角いところから来ていると言われています。夏ならではの食べ物ですね。
この句では、冷奴を食べるときに、たしかに醤油が薄まって行くことが多く、涼しく感じますね。
今日は、土用の丑の日。鰻は、庶民の食べ物と言われなくなってきましたね。
作者ひの・そうじょうの紹介は、2005年1月9日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・台風6号が今朝、三重県南部の上陸し、東海地方を北上しています。これから近畿や東海、関東甲信では、激しい雨が降って、十分注意が必要です。台風6号は、今後、進路を東寄りに変えながら東日本の太平洋岸を進み、今夜には熱帯低気圧に変わる見込み。風よりも雨が心配な台風です。

投稿者 m-staff : 2019年07月27日 10:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6919