[2019年08月12日]

響爽かいただきますといふ言葉

中村草田男(1901~83)

爽(さわや)かが秋の言葉。爽涼、秋爽、爽気、爽やぐ、さやけし、さやかなども同意の季語です。
爽やかの言葉の意味は、清々しく快いこと、すなわち気分がさっぱりしていることですね。「爽やか」は、今では5月の頃にも使っていますが、秋気清く澄明で快適な季節を示す言葉として中国の詩文にも登場しています。
この句では、食事の前に使う「いただきます」を取り上げています。このようなどこにでもある日常生活の言葉が語句として生きていることに共感を覚えます。
今日は、山の日の振替休日。
作者なかむら・くさたおの紹介は、2005年1月23日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・520人が犠牲になった日航ジャンボ機の墜落事故から今日で34年目となり、墜落現場の群馬県上野村では遺族などが慰霊の登山をしています。墜落時間の午後6時56分慰霊式が行われます。墜落原因については、青山透子著「日航123便墜落事故の新事実」、「日航123便墜落疑惑のはじまり」、「日航123便墜落異物は真相を語る」(いずれも河出書房新社2017年、2018年刊)を読んでみれば公表されている原因とは全く違った事実が明らかにされています。驚きの内容です。

投稿者 m-staff : 2019年08月12日 10:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6939