[2019年08月15日]

いつまでもいつまでも八月十五日

綾部仁喜(1924~2015)

八月十五日が秋の季語。敗戦日、終戦記念日、終戦なども同意の季語です。
日本は、1941年に太平洋戦争をはじめ、1945年8月15日にポツダム宣言を受諾し、無条件降伏をしました。日本の降伏で約1700万人が死亡した第2次世界大戦は終わりました。精神を高めれば戦争に勝てると考えた日本人はその後苦難の歴史を乗り越えて現在があります。終戦記念日は、世界で唯一の被爆国として、その体験を後世に伝え、二度と同じ過ちを繰り返さないための記念日です。
日本の亡くなった人の数は約300万人。戦争を知らない人がほとんどになったとしても、いつまでも絶えることなく、この記念日を忘れることはできませんね。
今日は、月遅れ盆。御霊が家を探して帰ってきました。
作者あやべ・じんきの紹介は、東京生まれ。「泉」主宰。句集に「山王」、「樸簡」など。
(出典:石 寒太著「よくわかる俳句歳時記」、ナツメ社、2010年刊)
・台風10号は勢いが少し衰えました。しかし、まだまだ油断が出来ませんね。十分な備えが必要です。高校野球は今日はお休み。選手は体を休めて戦いに備えてください。

投稿者 m-staff : 2019年08月15日 09:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6942