[2019年08月24日]

其中に金鈴をふる虫一つ

高浜虚子(1874~1959)

虫が秋の季語。虫の声、虫の音、虫時雨、虫の秋、虫の闇、昼の虫、残る虫、すがれ虫なども同意の季語です。
「虫」という季語は、秋に鳴くこおろぎやきりぎりすを総称して言います。
この句の「金鈴をふる」とは、繁く鳴いている中で、一匹だけか細く、いまにも消え入りそうなかすかな虫の声を指しています。
虫の鳴いている「其中(そのなか)」で一匹だけに注目しています。虫という小さな存在が「金鈴をふる」という動作を伴って浮かびあがっていますね。
作者たかはま・きょしの紹介は、2005年1月7日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・横浜市の木村市長が2020年代の後半の開業を目指して、山下ふ頭にカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致に乗り出すと発表。いくら市の成長発展を続けると言ってもこれは論外ですね。市民団体などから相当の反発を招くことでしょう。

投稿者 m-staff : 2019年08月24日 09:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6954