[2019年09月12日]

上行くと下来る雲や秋の空

野沢凡兆(?~1714)

秋の空が秋の季語。秋空、秋天、秋の天なども同意の季語です。
秋の雲は、春の雲のゆったりとした暖かさとも、夏の雲の峰を作る雄大さとも異なっています。秋の空の澄み切った空の気流は激しくて、来る雲、行く雲をしきりに動かしてゆきます。気流が激しいゆえに、秋の空は澄んでいるのかもしれませんね。
この句では、秋天の上層と下層に動く気流の動きがよくとらえられていますね。句風は、印象鮮明で格調高く、平易で簡潔な表現こそが作者の狙ったところでしょうね。
作者のざわ・ぼんちょうの紹介は、2007年4月4日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・2001年9月11日に起きたアメリカの同時多発テロ事件から18年。犠牲者3000人のうち全体の4割近くに上る1109人はいまだ身元が判明していません。事件をきっかけで始まったアフガニスタンでの軍事作戦は先行き不透明、今後どうなるのでしょうね。

投稿者 m-staff : 2019年09月12日 09:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/6975