[2019年10月04日]

コスモスの倒れ倒れし花の数   

高野素十(1893~1976)

コスモスが秋の季語。秋桜、おおはるしゃぎくも同意の季語です。
風に吹かれて揺れている様子は「秋桜」の名前にふさわしく感じられます。キク科の1年草。原産地はメキシコ。秋の代表的な花で高さは約1.5メートルにも達します。枝を多く分け、羽状の葉を対生します。花期は、8~10月までで、枝の先に頭花をつけます。色は紅、ピンク、白などの一重咲き、八重咲きもあります。コスモスの咲く頃は台風のシーズンですが、風で折れたところから根を出してすぐに立ち直ります。
この句で連想されるのは、「久里浜花の国」のコスモス畑ですね。谷間にびっしり咲ているコスモスが大風で倒されていた光景です。それでもまた元気に咲き始めることでしょうね。
作者たかの・すじゅうの紹介は、2005年2月23日を参照。
(出典:長谷川 櫂「四季のうた第三集」(中公新書、2007年刊)
・関西電力の金品受領問題は、よくもまあそんなことをしていると封建時代に逆戻り現象。まるで関電が悪事に「感電」しましたね。関西電力への徹底した調査が必要です。

投稿者 m-staff : 2019年10月04日 09:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7003