[2019年10月18日]

冷まじや胸先走る濁り川

角川源義(1917~75)

冷(すさ)まじが秋の季語。秋すさぶも同意の季語です。
秋の深まる頃の寒さを言います。本来の意味は、「荒ぶ」「すさむ」であって、勢いのままに荒れて衰えることを指します。期待や熱意が冷えてしまう状態を言います。時期外れ、場違い、興ざめのことを表していました。それが現在では、秋気が冷たく感じる極みを表すようになりました。
この句の冷まじは、まるで今回の台風19号による河川の濁流を想定させるような趣がありますね。昔から、水を治めることは本当に難しいことですね。
作者かどかわ・げんよしの紹介は、2005年3月24日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・今日から明日にかけて、東日本、東北で大雨のおそれ、被災地が心配ですね。政府は、台風19号の被害を「特定非常災害」に指定。これまで阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨、今回で6例目となります。

投稿者 m-staff : 2019年10月18日 09:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7024