[2019年11月15日]

ネクタイは鳩の空色七五三

後藤夜半(1895~1976)

七五三が冬の季語。七五三の祝、千歳飴、髪置なども同意の季語です。
我が家の孫たちは、七五三を遥か昔に済ませました。七五三は、3歳と5歳の男児、3歳と7歳の女児のお祝い。当日は着飾った子が千歳飴を持って、親に連れられて神社にお参りをします。親戚や知人のもとを回ったりもします。また、地方によっては派手にお祝いの席を設けたりするところもあります。この行事の始まりは江戸の中期以降とされ、今日では一般社会に広く浸透しています。子ども成長を願い、喜ぶ親の心はいつの時代でも変わりません。しかし、近頃世の中には、幼児虐待をする親もいて、悲しいことですね。
この句では、若い父親が空色のネクタイを締めて、子どもより緊張している様子がうかがえます。
作者ごとう・やはんの紹介は、2005年9月6日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・北海道では、明日にかけて猛吹雪のおそれ、強い冬型の気圧配置の影響で日本海側を中心に非常に強い風が吹き、猛吹雪になっているところがあります。強風で雪も降り、本格的な冬の到来です。経験したことのある「地吹雪」は、下から雪が風で巻き上げてくるとても恐ろしい現象です。この時期は辛抱するしかありませんね。

投稿者 m-staff : 2019年11月15日 09:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7055