[2019年11月20日]

足もとの落葉をのこし暮にけり

長谷川素逝(1907~46)

落葉が冬の季語。落葉(らくよう)、落葉風、落葉雨、落葉時雨、落葉掻、落葉掃く、落葉時なども同意の季語です。
樹木には常緑樹と落葉樹がありますが、落葉樹は冬になると葉を落として、春の芽吹きを待ちます。落ちかかっている葉や地上に落ちている葉が「落葉」。降り積もった落葉を踏んで歩く時の感触や音、香りに冬の訪れを感じますね。近くの西公園も木々が落葉をまき散らして、公園の管理人が忙しく掃いています。
この句では、冬の日暮れが足元の落葉を残して暮れてゆくと些か侘しい気持ちを詠っています。
今日は、二の酉。
作者はせがわ・そせいの紹介は、2005年10月1日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・マイナンバーカードの交付率は、現在15%程度、そこで政府はカードを持っている人に買い物で使えるポイントを付与する新制度で1人当たり最大2万円までのキャッシュレス決済の利用に対して5000円のポイントを付けるとのこと。来年9月から再来年3月までの7か月間実施する構え。カードを持っていますが、余計なお世話ですね。それほどまでに消費をさせなければならないのでしょうか、

投稿者 m-staff : 2019年11月20日 10:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7061