[2020年01月18日]

夕凍のにはかに迫る青木の実

飯田龍太(1920~2007)

青木の実が冬の季語。
ミズキ科の常緑低木で、若枝が青いので青木の名前があります。暗緑色の艶やかな葉の蔭にナツメに似た赤い実が見えます。青木は、蔭のある場所に多く見られます。庭でもほかの木が育たない場所とか、日の当たらないところで見かけますが、つやつやした赤い実の美しさが際立っています。
この句の「夕凍(ゆうしみ)」は、夕べになって寒さが厳しくなってきたころを言います。青木は蔭になったところを好むので、どことなく暗い感じがしますね。しかし、その暗さが赤い実を一層引き立たせるのです。
作者いいだ・りゅうたの紹介は、2005年1月31日を参照。
(出典:青柳志解樹著「俳句の花(上)」、創元社、2008年刊)
・今日、明日は最後の「大学入試センター試験」。悪天候による交通機関の乱れはないようです。いつもながらこの一番寒い時期の試験、55万人の受験生、それに家族も大変ですね。来年からは、新しい大学入学共通テストに切り替わるそうです。来年はいよいよ初孫女児も受験です。

投稿者 m-staff : 2020年01月18日 10:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7131