[2020年01月23日]

雑炊も人のなさけもさびしかり

河野南畦(1913~95)

雑炊が冬の季語。おじや、鶏雑炊、鴨雑炊、河豚雑炊、鮟鱇雑炊、鮭雑炊、鱈雑炊、餅雑炊なども同意の季語です。
雑炊というのは、残った味噌汁やすまし汁に冷や飯を入れて煮たものを言います。白米から煮たてて味をつけ、野菜や魚、鶏の肉を加える芹雑炊、葱雑炊、芋雑炊、卵雑炊もありますね。鍋物を囲んだ後に残った汁で作る雑炊はとても美味しくて冬には欠かせないものです。
この句では、その雑炊を人の情けと合わせて「さびしい」と詠んでいます。作者は、戦争直後の荒廃の中で俳句の抒情を追求しました。
作者こうの・なんけいの紹介は、2005年7月21日を参照。
(出典:「合本 俳句歳時記第三版」角川書店、2003年刊)
・中国の新型ウイルス肺炎で死者17人、患者が540人以上ということが発表されています。共産党独裁国家は市民の声が聞こえないようですね。ひとたび感染が広がれば抑制するのは大変難しいのがよくわかります。あいにく春節で民族大移動。どうなるのでしょうね。

投稿者 m-staff : 2020年01月23日 09:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7136