[2020年01月28日]

母懐ふ老の感傷初不動

富安風生(1885~1979)

初不動が新年の季語。
今日は、初不動。裏の標高200メートルの武山の不動尊で「初不動」が行われます。武山不動院の正式な名前は「龍塚山持経寺武山不動院」と言います。不動尊は、不動明王のことで、大日如来が、悪魔を降伏させるために憤怒の姿になって現んじたものと言われています。形相恐ろしく、右手に剣、左手に索を持ち、二人の童子を従えています。関東では、成田山新勝寺の不動尊が有名で、他に深川、目黒の不動尊も多くの人出で賑わいますね。
この句の作者は、初不動の日に、いささか年を取り感傷的なって、元気であった頃の母親の姿を懐(おも)い出しています。
作者とみやす・ふうせいの紹介は、2005年2月6日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・政府は、新型コロナウイルス肺炎を「指定感染症」に認定、また「検疫感染症」にも指定しました。「指定感染症」への指定は、2014年中東呼吸器症候群「MERS」以来となります。感染症対策は厄介な病気ですね。

投稿者 m-staff : 2020年01月28日 10:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7142