[2020年02月05日]

白梅や墨芳しき鴻臚館

与謝蕪村(1716~83)

白梅が春の季語。梅、野梅、夜の梅、梅が香、臥龍梅、枝垂梅なども同意の季語です。
裏の武山の登山口にある梅の木が白い花を咲かせ始めました。毎年梅の開花が楽しみで、今年は暖冬のせいかいつもより幾分早いようです。バラ科の落葉高木。万葉の時代は花と言えば梅を指していました。百花に先駆けて咲く気品と香気の高さは、他の追随を許しませんね。梅の原産地は中国。
この句の「鴻臚館(こうろかん)」は、古代に、筑紫、難波、平安京に設けられて外国使節を接待した宿舎のこと。公認の貿易市場を兼ねました。ここでは京都に置かれた鴻臚館を指しています。
この句では、鴻臚館の中から芳(かんば)しい墨の匂いと白梅の匂いが混じり合って、気持ちが晴れ晴れとする、と詠っています。
作者よさ・ぶそんの紹介は、2005年2月19日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・新型肺炎の感染者は、2万4324人、死者は490人。中国本土以外の27の国と地域で死亡者が214人になっています。横浜港沖に停泊しているクルーズ船で感染者を10人確認。このうち3人が日本人。ウイルス菌を封じ込めるのは大変ですね。

投稿者 m-staff : 2020年02月05日 09:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7154