[2020年02月12日]

古傷がおのれ苛む木の芽どき

稲垣きくの(1906~87)

木の芽どき(時)が春の季語。芽立時、芽立前、木の芽雨、木の芽晴、木の芽山なども同意の季語です。
料理の上では「木の芽」といえば、山椒の芽を指し、地方によっては通草(あけび)の芽を指すところもあります。木の芽時は、特定の芽ではなく、すべての樹木がことごとく芽吹くことを言います。そこにはまたそれぞれに遅速があり、色合いを異にして風情をそえていますね。庭の芽立ちから、雑木林の様子まで、春は少しずつ姿を変えてゆきます。
この句では、木の芽時になると、作者は自分自身の古傷が苛(さい)なんでくると過去を振り返っています。
作者いながき・きくのの紹介は、2006年6月8日を参照。
(出典:平井照敏著「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・11日、野球の好きな人なら誰でも知っている、あの野村克也氏が84歳で亡くなりました。長嶋や王が向日葵なら俺は月見草、数々の名言とぼやき節を残して惜しまれつつ黄泉の国へ旅立ちました。悲しいですね。日本のプロ野球は、金田、野村と大事な人たちが世を去りました。面白い野球をありがとう。

投稿者 m-staff : 2020年02月12日 09:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7162