[2020年02月17日]

ほぐれんとして傾ける物芽かな

中村汀女(1900~89)

物芽(ものめ)が春の季語。ものの芽も同意の季語です。
この季語は、春になって萌え出る様々な芽を指していますが、「草の芽」、「木の芽」は別に独立して季語になっていますので、それよりも広い範囲を含めています。早春に芽吹くもの全体を指しているのがポイントです。春の芽立つ息吹が感じられる光景が浮かんできます。
この句では、いかにも物芽がほぐれんとして、ちょっぴり傾いてその時季を待っている様子が表現されていますね。細かいところまで見ている作者の姿勢に共鳴します。
作者なかむら・ていじょの紹介は、2005年1月4日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・「クルーズ船から脱出」。チャーター機で最初にアメリカの乗客が羽田を発ちました。クルーズ船には50以上の国や地域からの乗客がいます。この後は、カナダ、オーストラリア、イタリア、香港政府、台湾当局もチャーター機の運航を検討しています。企業では、人込みを避ける時差出勤や在宅勤務などを推進する動きがあります。

投稿者 m-staff : 2020年02月17日 09:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7168