[2020年03月13日]

水取を待つ奈良ぞ佳き墨老舗

桂 樟蹊子(1909~93)

水取(みずとり)が春の季語。お水取、修二会(しゅにえ)、お松明、二月堂の行なども同意の季語です。
3月1日から14日まで、奈良東大寺の二月堂で行われる国家鎮護の行法を「二月堂の行」と言い、また修二会と言います。その中でもっとも有名なのは、お水取りとお松明です。3月13日の午前2時前後から行われます。関西ではお水取りが済まないと暖かくならないと言われていますね。
この句では、水取を待っている人々と、品質の良い奈良の墨の老舗とをからめてことほぐ気持ちにさせられる表現になっています。
作者かつら・しょうけいしの紹介は、2006年6月22日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・新型コロナウイルスの影響でニューヨーク株式市場は、ダウ平均株価は下落幅が2352ドルと、過去最大の値下がりを記録。日経平均株価も全面安、1万8000円を下回っています。WHOによると感染が確認された国と地域は121、感染者の数は12万5048人、亡くなった方は4613人になっています。

投稿者 m-staff : 2020年03月13日 09:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7196