[2020年03月30日]

大仏の手を囀りのこぼれける

菅井冨佐子(1918~94)

囀りが春の季語。囀るも同意の季語です。
複雑な囀りをする鳴禽類(めいきんるい)の行動は、雄が雌に求愛のために、あるいは鳥が自分の縄張りを知らせるためのものです。鶯、雲雀、頬白などの囀りが春の代表的なもので、繁殖期にもっとも盛んですね。これに対して、鳥が仲間に合図をする鳴き方を「地鳴き」といいます。
この句では、桜が咲いている、鎌倉の長谷の大仏を取り上げています。あの大きな大仏の手にすがって、鳥たちの囀りの声がこぼれんばかりに重唱しています。
作者すがい・ふさこの紹介は、2005年7月8日を参照。
(出典:菅井冨佐子句集「曼殊沙華」、野火発行所、1986年刊)
・新型コロナウイルスの影響が世界や日本を覆っています。東京都では、夜の繁華街で感染した疑いを複数確認したとあります。今後は特に夜間の外出を控えなくてはなりませんね。感染経路をたどれないことが多く、問題を複雑にしています。

投稿者 m-staff : 2020年03月30日 09:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7215