[2020年04月01日]

大いなる月の出でゐし桃の花

岸 風三楼(1910~82)

桃の花が春の季語。花桃、緋桃、白桃、源平桃なども同意の季語です。
新型コロナウイルスに翻弄されつつも4月になりましたね。
桃は、中国が原産で日本には奈良時代の初めに渡来して栽培されました。バラ科の落葉小高木。4月ごろに葉の出る前に花を咲かせます。果実を食する桃と、花を楽しむ花桃に分かれ、採果用の品種は桃色の花を開きますが、花桃には濃紅、濃紫、白などの種類があります。桃は漢名で、花や実を多くつけるところから木偏に兆の字を当てたといわれています。
この句では、桃の畑に一面に咲いた花を大きな月が照らしていると詠っています。まるで桃源郷のような光景ですね。
今日は、エイプリルフール。4月馬鹿。
作者きし・ふうさんろうの紹介は、2005年8月2日を参照。
(出典:角川春樹編「合本 現代俳句歳時記」、角川春樹事務所、2004年刊)
・31日は東京都で新たに78人の感染が発表されるなど全国の1日当たりの感染者が200人を超え、2229人となり、クルーズ船乗客乗員の712人を含めると2941人になりました。学校に行けぬ子供たちが集まって公園で遊んでいます。

投稿者 m-staff : 2020年04月01日 09:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7217