[2020年04月12日]

止まることばかり考へ風車

後藤比奈夫

風車が春の季語。風車売も同意の季語です
色紙や色のついたセルロイド、杉や檜の鉋屑を曲げ合わせて花の形を作り、細竹の先に取り付けたもので、風を受けて回るようにした玩具。昔の小学生は工作の時間に風車を作って、春風の校庭を走り回りました。わら束に風車を挿して売る風車売は今も地方によっては見られるようです。
この句では、風車を擬人化して、止まることばかり考えていると詠っています。東京芝公園にある浄土宗の大本山、増上寺の地蔵には
風車が風に吹かれてきれいに回っています。
作者ごとう・ひなおの紹介は、2005年3月23日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・11日の感染確認は全国では743人、そのうち東京都が197人。依然として岩手県には感染者が一人も出ていません。日本で感染が確認された人は、6923人。これにクルーズ船の乗客、乗員を加えると7639人。亡くなった人は144人。しばらくは右肩上がりの数字が続きますね。

投稿者 m-staff : 2020年04月12日 10:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7229