[2020年05月13日]

鳥籠の中に鳥とぶ青葉かな

渡辺白泉(1913~69)

青葉が夏の季語。青葉若葉、青葉山、青葉風なども同意の季語です。
青葉は、初夏に若葉が生い茂って、青々とした生気をみなぎらせている状態です。青葉若葉は、様々な濃淡の混じった緑を言います。若葉と青葉の違いをいえば、若葉は新緑であり、
初夏の新鮮な季節感にあふれていますが、青葉は深緑ですね。
この句では、青葉の季節に鳥籠の中で鳥が飛んでいるというだけで、俳句事件で拘留された壁の中を思い出してしまいます。作者は、戦前に「句と評論」「京大俳句」などで活躍しますが、俳句事件で検挙され、のちに起訴猶予となりました。
作者わたなべ・はくせんの紹介は、2005年10月31日を参照。
(出典:角川春樹編「合本 現代俳句歳時記」、角川春樹事
務所、2004年刊)
・ゴールデンウィークが明けて暑くなりましたね。新型コロナウイルスの感染拡大で、この夏は自宅で過ごす時間が長くなることから、熱中症対策として、夏が本番を迎える前にエアコンの調子を見ておいたほうがいいでしょうね。

投稿者 m-staff : 2020年05月13日 09:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7263