[2020年05月15日]

背負籠にマーガレットをのぞかせて

清崎敏郎(1922~99)

マーガレットが夏の季語。木春菊も同意の季語です。
キク科の多年草。アフリカのカナリア諸島が原産地。明治の終わりごろに渡来しました。栽培が簡単なことと清楚な感じが好まれて、家庭はもとよりいたるところで見かけますね。5月から6月にかけて枝ごとに花をつけ、白い花の真ん中に黄色い花が見えます。南伊豆では、マーガレットラインが設けられて、ドライバーの目を楽しませています。
この句では、農家の主婦が背負籠に白い愛らしい花をのぞかせて、山道を歩いていく様子が伝わってきます。
今日は、京都葵祭、東京神田祭ですが、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。
作者きよさき・としおの紹介は、2006年3月16日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・政府により緊急事態宣言が39県で解除されました。残る8つの都道府県は1週間後の21日をめどに解除が可能かどうか判断するとしています。さて、どのように推移するか、強い関心を以て見てゆきたいと思います。

投稿者 m-staff : 2020年05月15日 09:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7265