[2020年06月29日]

胃の中の冷麦がみな繋がれる

宮坂静生

冷麦が夏の季語。
冷麦は、素麺と並んで夏の食生活には欠かせない食べ物で涼味を添えてくれますね。小麦粉で、うどんと同じに作られますが、うどんよりも細く、素麺よりも少し太目です。のど越しが良いのでよく好まれますね。茹でて氷や水で冷やし、葱、茗荷、紫蘇などを薬味として、少し濃い目の麺つゆで頂きます。冷麦の中に、赤や緑の麺が混じるのは、目に涼しく、食欲をそそります。赤は紅花、緑は梔子で染めています。
これはまた面白い視点で句を作っています。冷麦が胃の中に入ってしまえば、確かにつがっているように思えますが、考えれば怖い話ですね。
作者みやさか・しずおの紹介は、2007年11月10日を参照。
(出典:「新版・俳句歳時記第二版」、雄山閣、2003年刊)
・アメリカのアブナイ大統領とオメデタイ副大統領は、新型コロナウイルスの怖さから逃げているように見えます。南部や西部の州を中心に感染者が急増しています。「きわめて深刻な事態」となっています。強力な連邦政府と各州の対応が求められています。

投稿者 m-staff : 2020年06月29日 09:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7315