[2020年08月04日]

夜景とは愁ひの灯かや夏の果て

鈴木真砂女(1906~2003)

夏の果てが夏の季語。夏終る、夏過ぐ、夏果、夏行く、夏惜しむ、夏の名残なども同意の季語です。
暦の上では夏は終わりますが、新型コロナの影響で暑さを楽しむまでもなく時間が過ぎてゆきますね。
7日の立秋が近づくにつれて、いつもでしたら朝晩が涼しくなり、日の光も白くなってきて、夏も終わりに近づいたことを知ることになります。しかしながら、夏休み、帰省、避暑、旅行、登山、行楽とままならぬ時を過ごした夏は、名残惜しさを感じることもなくただ通り過ぎてゆきます。
この句では、夏の果てるのにあたって、いつもは見慣れた夜景さへ、愁いの灯に見えている、と詠っています。
作者すずき・まさじょの紹介は、2005年1月16日を参照。
(出典:角川書店編「合本 俳句歳時記第三版」、角川書店、2003年刊)
・アブナイ大統領がちょっかいを出すと混乱するばかりです。中国企業が提供するアプリ「TikTok」について、マイクロソフトによる買収交渉に余計な手出しをしています。今後の交渉次第ではどうなるかわかりません。行方が注目されますね。

投稿者 m-staff : 2020年08月04日 09:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7352