[2020年08月12日]

秩父路や天につらなる蕎麦の花

加藤楸邨)1905~93)

蕎麦の花が秋の季語。花蕎麦も同意の季語です。
蕎麦には、夏蕎麦と秋蕎麦があります。歳時記では、秋に開花する秋蕎麦の花を季語にしています。秋に山裾の傾斜地を埋めて咲く蕎麦の花には風情がありますね。タデ科の1年草。中央アジアが原産地。日本へは10世紀ごろに朝鮮を経由して渡来しました。食用として涼しい気候の山地などで栽培されますが平地でもよく育ちます。
この句の「秩父路」は、秩父盆地の中心をなし、荒川上流の一帯を指します。蕎麦の名産地として有名ですね。そこで点に連なるかのように蕎麦の花が一面に咲いている、と詠っています。
同じ作者に次の句があります。
蕎麦の花下北半島なほ北あり  楸邨
青森県の北東部にあり、その北には津軽海峡をはさんで北海道があります。
作者かとう・しゅうそんの紹介は、2005年1月22日を参照。
(出典:青柳志解樹編著「俳句の花 下巻」、創元社、2004年刊)
・11月のアメリカ大統領選挙で政権奪還を目指す民主党のバイデン前副大統領は、副大統領候補に西部カリフォルニア州選出の女性で黒人のカマラ・ハリス上院議員を選びました。バイデン氏が大統領選挙で勝てば、ハリス氏がアメリカ史上初の女性の副大統領になります。カマラ・ハリス氏は55歳、父親はジャマイカ出身、母親はインド出身で移民の2世として育ちました。早速ツイッターで、アブナイ大統領は「のろまなジョーとにせものカマラ」と激しく攻撃しています。

投稿者 m-staff : 2020年08月12日 09:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7363