[2020年08月31日]

面白さ尽きてはかなき猫じやらし

榊原風伯

猫じゃらしが秋の季語。狗尾草(えのころぐさ)、犬子草なども同意の季語です。
道端や野原のどこにでも見られるイネ科の1年草。長さが5センチほどの緑色の穂が風に吹かれて面白い動きをします。
この穂が子犬の尾のようなので犬ころという意味の「狗(犬)のころ」草とういう名前が付きました。関東地方では「猫じゃらし」の別名のほうが一般的ですね。欧米では穂を狐の尾にたとえて、「フォックステイル・グラス」と呼んでいます。
この句でいう「面白さ尽きて」とは、このほど辞任を表明した、総理大臣安倍晋三氏のこと。国民は長い年月、猫じゃらしにひらひらとだまくらされたような気分ですよ。
今日は、二百十日。
・大型で強い台風9号が発達しながら北上中。奄美地方や沖縄県に近づく見込み。最大瞬間風速が40~70メートルと予想されています。被害が出なければいいのですが…。今日も広い範囲で猛烈な暑さ、熱中症に気をつけましょう。

投稿者 m-staff : 2020年08月31日 09:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7390