[2020年09月14日]

カンナ燃えさかれど避暑期はや峠

久保田万太郎(1889~1963)

カンナが秋の季語。花カンナ、檀特も同意の季語です。
カンナ科の大形多年草。原産地は熱帯アメリカ、熱帯アジア、アフリカなどに50余種も産し、強烈な色彩の美しい花ですね。日本では広く花壇などに植えられる観賞植物。高さは1~2メートルほど、茎は太い円柱形、葉は芭蕉に似て大きくなります。色は、赤、橙、黄、白などがあります。
この句では、カンナが燃えるように咲いているのに、避暑の季節は過ぎ去ろうとしている、と詠っています。
作者くぼた・まんたろうの紹介は、2005年1月6日を参照。
(出典:角川春樹編「合本 現代俳句歳時記」、角川春樹事務所、2004年刊)
・今日から5年に一度の「国勢調査」が始まり、外国人を含めた日本に住むすべての人を対象に行われます。パソコンやスマートフォンを使ったインターネットによる回答が可能になります。調査では10月1日現在の家族や就業の状況など、16の質問に答えることになっています。回答の期限は10月7日です。

投稿者 m-staff : 2020年09月14日 09:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7407