[2020年11月14日]

白葱のひかりの棒をいま刻む

黒田杏子

白葱が冬の季語。葱(き)、一文字、根深、葉葱、葱畑なども同意の季語です。
葱は最も庶民的な冬野菜ですね。中国西部あるいはシベリアが原産とされるユリ科の多年草。関東では深根(根深の柔らかい白い部分)を食用とします。関西では葉葱(緑の葉の部分)を好んで料理にします。冬には多く、鍋物、汁もの、薬味などに利用されます。葱の種類も地方によって様々で、関東の千住葱、矢切葱、深谷葱、下仁田葱、関西の九条葱などが良く知られていますね。
この句は、白い葱を一本の光の棒と表現し、それを刻む音が聞こえてくるようですね。
作者くろだ・ももこの紹介は、2006年6月1日を参照。
(出典:「新版・俳句歳時記第二版」、雄山閣、2003年刊)
・アメリカ大統領選挙は、開票が遅れていたノースカロライナ州でトランプ氏が、ジョージア州でバイデン氏が勝利し、これによって50州と首都ワシントンのすべてで勝利確実が出たことになり、最終的に獲得した選挙人の数は、バイデン氏が306人、トランプ氏が232人となりました。トランプ氏陣営の法廷闘争は、弁護団が次々と弁護をやめることを明らかにしています。 

投稿者 m-staff : 2020年11月14日 09:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7479