[2020年11月28日]

磯焚火育てて捨ててかへりみず

上田五千石(1933~97)

磯焚火が冬の季語。焚火、落葉焚、朝焚火、夕焚火、夜焚火、焚火跡なども同意の季語です。
焚火は、冬の寒い日に、戸外で暖を取るために落葉や小枝や流木などを集めて炊くことをいいます。
この句では、海などの水際で、暖を取るために、流木などを集めて燃やして、そのまま立ち去った情景が浮かんできますね。焚火跡が黒々として残っているのを見るのは、冬のわびしさを感じます。特に、漁師などが浜辺でするものを「磯焚火」といい、海から帰って体を温めたりして、独特の趣がありますね。
作者うえだ・ごせんごくの紹介は、2005年1月19日を参照。
(出典:平井照敏編「現代の俳句」、講談社学術文庫、1993年刊)
・新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京の23区と多摩地域で、酒を提供する飲食店などに対する営業時間の短縮の要請がなされました。要請に従った外食チェーンもある一方で、通常営業を続けるところもあり様々です。特に、普通の居酒屋の営業は、とても難しい大変な状況になっています。

投稿者 m-staff : 2020年11月28日 10:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7497