[2020年12月31日]

行く年やヒトにパソコンウイルス来

榊原風伯

行く年が冬の季語。年逝く、流るる年、年歩む、去ぬる年なども同意の季語です。
昨年の12月31日に中国が武漢市で原因不明の肺炎患者の存在を公表してからちょうど1年になります。グローバル化した社会で、新型コロナウイルスは国境を越えて人から人へと瞬く間に伝わり、世界を大混乱に陥れています。いったん感染に勢いが収まっても変異ウイルスが再流行を引き起こしています。世界の感染者数は8233万人、亡くなった人は179万人です。
ところでウイルスといえば、この3月に私のパソコンがウイルスに
侵され、どうしても復旧できずに、パソコンを買い替えました。新しいパソコンは、現在は順調に稼働しています。ウイルスと聞いただけで体がすくんでしまします。
皆様、来年は穏やかで良い年になりますように願っております。
今日は、大晦日、年越し、大祓い、除夜の鐘。
・今日は快晴。雪を被った富士山がきれいに見えます。しかし、数年に一度の強い寒気で、中国地方の日本海側から北陸にかけて大雪の予報。交通機関に影響が出ています。ご注意ください。

投稿者 m-staff : 2020年12月31日 09:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7542