[2021年02月12日]

われもまた人にすなほに東風の街

中村汀女(1900~89)

東風(こち)が春の季語。こち風、朝東風、夕東風、強東風、あゆの風、雲雀東風なども同意の季語です。
冬の季節風である北風や西風が止むと東風が吹くようになります。それにより春を感じるようになりますね。これは暖かい風とは言えず、まだ寒さが抜けきってはいません。海に近い地方では様々な呼び名があります。瀬戸内海では雲雀東風、なまってへばるごち、へばりごち、九州の小倉ではあめごち、志摩ではいなだごち、岡山県では梅ごち、桜ごちと呼んでいます。
東風の吹く街に住む作者は、この風が吹くと、冬の体がこわばった状態から、人に素直に対してゆきたい、と念じています。
作者なかむら・ていじょの紹介は、2005年1月4日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・中国政府は、イギリスのBBC公共放送の国際放送について中国で放送を禁止すると発表。これはイギリスのメディア規制当局が4日に国営の中国中央テレビの国際放送CGTNについて、中国共産党による統制などを理由に、イギリス国内での放送免許を取り消しました。両国は人権問題でもめています。こじれなければいいのですが…。

投稿者 m-staff : 2021年02月12日 09:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7599