[2021年04月06日]

蘖や涙に古き涙はなし

中村草田男(1901~83)

蘖(ひこばえ)が春の季語。ひこばゆも同意の季語です。
春先に切り倒された木の根元や切株から萌え出る若芽をいいます。孫生(ひこばえ)の意味で、「ひこばゆ」と動詞形にすることもあります。
ものみな活力にあふれる春には、樹木の切株や根元から芽が次々と伸びだし、その生命力には驚かされますね。また、「なばえ」、「またばえ」ともいい表わされています。ちなみに、古い枝からさらに生えてきた小枝のことを「孫枝(ひこえ)」と呼んでいます。
この句では、蘖の「新生」の力強さと誰もが流す涙を取り上げて、涙は古いものではなく、いつでも新しいものだと喝破しています。
作者なかむら・くさたおの紹介は、2005年1月23日を参照。
(出典:「新版・俳句歳時記第二版」、雄山閣、2003年刊)
・高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が12日から始まります。その後は、持病のある人や高齢者施設などで働く人たちにも順次広げられる予定です、政府の政策は後手後手で、国民は振り回されています。感染拡大の「第4波」を抑えて日常生活を取り戻すのはいつになるのでしょうか。まだまだ先は見えませんね。

投稿者 m-staff : 2021年04月06日 09:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7657