[2021年08月09日]

朝顔やすでにきのふとなりしこと

鈴木真砂女(1906~2003)

朝顔が秋の季語。牽牛花も同意の季語です。
朝顔は、夏の風物詩として親しまれていますが、俳句では秋の季語になっています。ヒルガオ科の1年草。熱帯アジアが原産で日本へは平安時代に渡来しました。栽培が盛んになるのは江戸時代からといわれています。鉢植えや垣根、あるいは日除け用として栽培されています。何にでも巻き付く蔓は左巻き。早朝、蕾をほどいて喇叭の形をした花を咲かせます。花は午前中にしぼみます。
この句のすでに昨日となったこととはいったい何のことでしょうね。それを知っているのは朝顔だけでしょうか。
今日は、長崎原爆の日。原爆投下から76年目
作者すずき・まさじょの紹介は、2006年2月8日を参照。
(出典:角川春樹編「合本 現代俳句歳時記」、角川春樹事務所、2004年刊)
・東京2020オリンピック閉幕。日本のメダル獲得数は金27、銀14、銅17、計58。世界3位。これによって、スポーツの世界では勝ち組と負け組の間で様々な動きが起きることは必然。笑った人、泣いた人、本当に勝負に勝つとは大変なことですね。それにしてもコロナのパンデミックのもとでよく大きな事故もなく終わり、本当に安堵しました。3年後のパリは安全・安心に開催されることを祈ります。

投稿者 m-staff : 2021年08月09日 10:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7812