[2021年09月15日]

りんどうや枯葉がちなる花咲きぬ

与謝蕪村(1716~83)

りんどう(竜胆)が秋の季語。笹竜胆、深山竜胆、蝦夷竜胆、蔓竜胆なども同意の季語です。
竜胆は、山野の日当たりのよい場所に自生し、中秋から晩秋にかけて咲き、この花は日があたると開き、雨や曇り、日没になると閉じます。リンドウ科の多年草。根が苦く、竜の胆のようだというので竜胆という名前が付いたといわれています。9月から11月にかけて茎先に紫色の筒状花を咲かせます。種類も多く、秋を代表する美しい野草ですね。昔、新潟県の赤倉温泉でみた竜胆の紫色を思い出します。
この句は、竜胆の特徴をよくとらえていますね。見た目には枯れているように見えますが、活力ある花です。
作者よさ・ぶそんの紹介は、2005年2月19日を参照。
(出典:青柳志解樹編著「俳句の花 下巻」、創元社、2008年刊)
・去年の9月、菅さんが自民党の総裁、内閣総理大臣に就任するとき、これは1年で終わると思いました。安倍内閣の番頭さんは総理には向いていませんね。さて、現在の自民党総裁選、誰がなるのでしょうか。党内抗争に明け暮れている間、コロナ対策は大丈夫でしょうか。

投稿者 m-staff : 2021年09月15日 09:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7851