[2021年11月06日]

筆頭にあかぎれ膏や冬用意

水原秋櫻子(1892~1981)

冬用意が秋の季語。冬支度も同意の季語です。
冬に対するさまざまな支度のことを冬用意といいます。。各地方や家庭にあっては独特な支度があります。里の農家では、漬物の仕込み、霜囲い、薪割から、雪に埋もれる地方では、雪吊り、雪囲いなど冬への用意が急がれます。都会にあっても冬に備える主婦の雑用はいろいろあることでしょうね。暖房機器の準備、服の入れ替えなどをします。また、年末に備える用意もあります。
この句では、冬用意の筆頭があかぎれ膏薬とは面白い着想ですね。冬への備えがよくわかります。
作者みずはら・しゅうおうしの紹介は、2005年1月27日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・プロ野球のクライマックス・シリーズがセとパで今日から同時に始まります。実力伯仲の中で、勝負への執念の高い方が勝ち進みます。
ところでセルビアで開催中のボクシングの世界選手権男子でバンタム級の坪井智也選手とウエルター級の岡澤セオン選手が金メダルを獲得。ボクシングの世界選手権で日本選手が金メダルを獲得したのは初めてです。おめでとう。

投稿者 m-staff : 2021年11月06日 09:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7912